出産したのは32歳でした。
初産で、初めての事ばかりで分からない事だらけの日々を過ごしていました。

分からない事は、産婦人科の先生方に聞いてみたり、近所の先輩ママさんに聞いてみたりして解決してきました。
妊娠線が気になってきた理由は、食事制限が出来ていなくて、沢山食べていたのもあって急にお腹が大きくなってしまい、目立つようになって…

 

どうしようかと思っていたのですが、以前に病院でいただいたローションがあることを思い出し、その日から塗り始めることにしました。
塗ってすぐは、そんなに効果はなかったのですが、食べ過ぎないようにして規則正しく過ごし、ローションを塗るうちに、少しずつですが妊娠線が目立たなくなってきました。

自分が気に入っているローションを塗ることに

ローションがなくなってしまった後は、自分が気に入っているローションを塗ることに。
母が好きな匂いはお腹の中の赤ちゃんも好きになってくれると思うので、塗り始めるようにすると、妊娠線が消えたのもありますし、お風呂上りに塗ると好きな匂いのローションなので、とても心地いい気分になって、眠る時も今までとは違って、深い眠りにつくことができ、目覚めが以前に比べて良くなったのを覚えています。

起きてすぐも塗っていました。朝一番に塗ると、お腹の赤ちゃんも暴れだして「気持ちいいよ」と言ってくれているように思えてとても嬉しかったです。
一度、匂いを変えてみようと思ってローションを変えてみたのですが、以前の方が良かったなと私が思ったのを、お腹の中の赤ちゃんにも伝わってしまったのか、何度塗っても塗っても暴れてくれなくなってしまい、結局元のローションに戻すことに…。

 

すると、不思議な事に塗りだすと暴れてくれるという日々が続きました。
やはり、お母さんとお腹の中の赤ちゃんは繋がっているんだなと再確認しました。

お母さん自身が楽しんで塗るという事も大事だと思います

塗る際は、お腹に向かって歌を歌ったりして、お母さん自身が楽しんで塗るという事も大事だと思います。
出産してから分かった事なのですが、明らかに子供が聞いたことが無いような歌なのに、子供に聞くと「この歌知ってる」と。

何故かと考えていると、お腹にローションを塗る時に、いつもその歌を歌いながら塗っていたのを思い出したんです。
この事も、不思議な事だったなと思います。

 

妊娠線の予防をお考えのお母様方も、ご自分の好きな匂いの物を試してみたり、好きな歌を歌ってみたりすると、お腹の中の赤ちゃんも喜んで暴れてくれるかもしれませんので、一度試してみてくださいね。