妊娠が発覚して雑誌等を読んだ事でお腹が大きくなると妊娠線が出てくるという事をそこで初めて知りました。
テレビのダイエット番組などで、肉割れした跡が消えずにずっと残っているのを見て、妊娠線もあんな風にずっと残るものだったら嫌だな。と思い、ドラックストアに妊娠線予防の専用のクリームを買いに行き毎日お風呂上がりにお腹に入念に塗っていました。

しかし、肉割れの様な跡は全くつきませんでしたが身体の中心の黒い線はお腹が大きくなるにつれてどんどんと濃くなっていきました。
しかし、お腹がどんどん大きくなる以上クリームを塗る以外の対処方法はありませんでした。

出産後も妊娠線予防のクリームを塗り続けました

出産後もしばらくは濃い黒い線が残ったままでしたがこれまでと同じように妊娠線予防のクリームを塗り続けました。
その成果からか、他の同じ時期に出産した友達と比べ線が薄くなっていくのが早かったです。

現在第二子を妊娠中で、前回の妊娠の時に使っていた妊娠線予防の専用のクリームを同じ物を使っていますが前回の妊娠の時よりも線がくっきりとは出てきていません。
そして肉割れのような線も前回と同様全く出ていません。

 

自分の推測ですが、毎日クリームを塗って保湿を怠らなかった事や妊娠がわかった初期の段階からクリームを塗り続けた事で効果があったのだと思います。
しかし、妊娠線がどんどんと濃くなっていくのと胎児が大きくなり、お腹が大きくなるのは比例して成長していたので、今考えると妊娠線も絶対に残したくないものというより自分の身体の中で自分の大事な子どもが成長していった証だったんだと思うと、ずっと身体に刻んでいたいものだったかも知れないとも思います。

私の友達も妊娠線予防の為に市販の普通のボディークリームで保湿していましたが、妊娠線は出来ていたので、どうしても予防したい場合、私は少し値段は高くなりますが妊娠線予防の専用のクリームをオススメします。
もちろん肌質は人それぞれだと思うので効果の出方も人それぞれだと思いますが、何もしないよりは絶対にマシだと思います。

何もしなくても消える人もいるようですが私の周りの人達との比較だけでも線が消えるスピードは全然違うと思います。
お風呂上がりはもちろん、乾燥する季節は思い出した時に専用の予防クリームを塗る!

 

これが1番シンプルで簡単ですしクリームを塗りながらお腹をマッサージする事で胎児とのコミュニケーションも取れて心も穏やかに癒されると思います。