25歳で妊娠、出産をしました。
妊娠中に1番気をつけたのは妊娠線です。

一度妊娠線ができるとなかなか消えないとネットでも書かれていたので、何としても妊娠線は作りたくなかったです。
子供と海に行ったり、プールに行ったりと水着を着る事もまだまだあると思います。

 

そんな時に、お腹に妊娠線があったら何か嫌だ!かっこよくないっていうのが一番の理由です。
キレイなお母さんでずっといたいですからね。

そのために出来る事はしっかりやろうと思いました。

妊娠線予防には一番かと思った事は…

妊娠線予防にはベビーオイルとニベアの青缶を使用しました。
妊娠線は作りたくないけど、そこまでお金も掛けたくない、、。

なのでプチプラ商品でお手頃な物を選んで妊娠線予防しました!
お風呂上がり、まだ濡れている状態のお腹にたっぷりベビーオイルを塗りたくって、バスタオルで軽く押さえるように水気を拭き取ります。

 

そのあとニベア青缶をたっぷり塗って終わりです!
お腹だけでなく、お尻とかにも妊娠線はできる事もあるそうなので全身に塗っていました。

ベビーオイルとニベアでしっかり保湿するのが妊娠線予防には一番かと思いました。

お腹がよく乾燥から痒くなる事が多かったので…

あと妊娠中お腹がよく乾燥から痒くなる事が多かったので、仕事の合間にもお腹を保湿できるようにしてました。
その時は無印良品のホホバオイルの小さいタイプを常に持ち歩くようにしていたので、お手洗いなどでお腹に塗っていました。

痒みがひどい時は、ニベアのチューブタイプも持ち歩くようにしてこまめに塗っていました。
妊娠線は乾燥する事で出来やすくなってしまうそうなので、保湿をして肌を柔らかくしておくことで妊娠線ができにくくなるとネットでも書かれてました!

 

なのでテカテカ、ベタベタになるぐらい保湿してましたね。

しっかりと予防する事ができました!

周りの妊婦仲間でも無印良品のホホバオイルはすごく人気でした。
オイルとニベアの組み合わせは妊婦の間では定番みたいです。

こまめに保湿していたお陰で、お腹がかなり大きくなった臨月でも妊娠線は出来なかったです!
お尻周りにも全く妊娠線は出ず、しっかりと予防する事ができました!

 

ちょうど、夏の時期に妊娠していたので妊娠初期頃は乾燥でお腹が痒くなったり、ポツポツと湿疹まさみたいなものが出来てしまって掻いてしまい跡が残ってしまっていた時期もありました。
これは残ってしまうかな、、と心配していたのですが、この保湿をするようになってから、この湿疹も無くなり跡もキレイに消えていきました!

お陰で出産を終えた現在もお腹は綺麗なままを保っています!