妊娠がわかってから勉強をするために本を買いました。
妊娠8週の時でした。その本の中で「妊娠線」というものを初めて知りました。

夫も一人でネットなどで調べたみたいで、「妊娠線は英語でタイガースクラッチっていうみたいだよ。虎の爪痕みたいに出るらしい。ちゃんとケアしないと怖いね。」と教えてくれました。
私は10代の頃に急激に太り、その後に痩せたので太ももにデブ線があります。

 

これがお腹全体にもできるのかと怖くなりました。
太ももなら隠せるけどお腹は水着や銭湯などでモロに見えてしまうところなので・・・

いろいろなメーカーから出ているので迷いましたが…

とにかく保湿をすれば良いと書いてあったので、専用のクリームやオイルを調べました。
いろいろなメーカーから出ていて値段もピンキリなので迷いました。

本当は芸能人も使っているというクラランスのクリームを使ってみたかったけど高かったので諦めました。
ニベアの青缶を使っていたという人もいたけれど、もし妊娠線が出来た時に「安いものを使っていたからだ」という後悔をしたくなかったのでそこそこ値段のするエルバビーバのオイルにしました。

 

塗っていたのはお風呂上がりの一日一回です。
たっぷり塗りこむように使うことを心がけました。

ただ、エルバビーバのオイルは容器からドバッと出るようになっていて使いづらかったです。
オイルのあとはエルバビーバのクリームにしました。

 

妊娠後期になってからは会陰マッサージというものを知りました。
会陰切開を避けるためにマッサージして皮膚を柔らかくするというものです。

カレンデュラのオイルが効くみたいで、ヴェレダのカレンデュラオイルを買いました。
妊娠線予防に同じオイルをお腹や下腹部、おっぱい、腕、太ももとほぼ全身に塗りました。

毎日ちゃんとケアして良かったです

私は出産の日までプラス8キロくらいに抑えることができ、そんなに見た目の変化も無かったです。
なので妊娠線もできずに済みました。

少しお金がかかったけど、毎日ちゃんとケアして良かったです。
また、主人にクリームを塗ってもらう日もあり、夫婦のコミュニケーションタイムとしてとても貴重な時間でした。

 

今でも主人は「妊娠線できなくて本当に良かったよね」と言っています。
今は、卒乳後におっぱいに線ができないか不安です。

これまでにないくらいおっぱいが張って皮膚が伸びきっているので、卒乳したら皮膚が一気に収縮しそうです。
これもオイルなどの保湿で防げるのかわかりませんが、できることはやって対策しておこうと思います。